Nagasaki U Link
Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences 長崎大学学院医歯薬学総合研究科
 
Category Archives:

Uncategorized

ラミノパチーに関する国立循環器病研究センターとの共同研究論文がCirc Jに採択されました

Clinical Manifestations and Long-term Mortality in Lamin A/C Mutation Carriers from the Japanese Multicenter Registry

Nakajima, Kenzaburo; Aiba, Takeshi; Makiyama, Takeru; Nishiuchi, Suguru; Ohno, Seiko; Kato, Koichi; Yamamoto, Yuta; Doi, Takahiro; Shizuta, Satoshi; Onoue, Kenji; Yagihara, Nobue; Ishikawa, Taisuke; Watanabe, Ichiro; Kawakami, Hiroshi; Oginosawa, Yasushi; Murakoshi, Nobuyuki; Nogami, Akihiko; Aonuma, Kazutaka; Saito, Yoshihiko; Kimura, Takeshi; Yasuda, Satoshi; Makita, Naomasa; Shimizu, Wataru; Horie, Minoru; Kusano, Kengo:
Circ J 2018in press

広島大学中野先生との共同研究論文が Circulation: Genomic and Precision Medicine に採択されました

HCN4 Gene polymorphisms are Associated with Occurrence of Tachycardia Induced Cardiomyopathy in Patients with Atrial Fibrillation

Yukiko Nakano, Hidenori Ochi, Akinori Sairaku, Yuko Onohara, Takehito Tokuyama, Chikaaki Motoda, Hiroya Matsumura, Shunsuke Tomomori, Michitaka Amioka, Naoya Hironobe, Yousaku Ohkubo, Shou Okamura, Naomasa Makita, Yukihiko Yoshida, Kazuaki Chayama, and Yasuki KiharaCirc Genom Precis Med 2018, in press

先天性QT延長症候群の遺伝子解析の方法と費用を改訂します

2018年4月の診療報酬見直しと、2018年度に発表される予定の「遺伝性不整脈の診療に関するガイドライン(2017年改訂版)」に合わせて、先天性QT延長症候群の遺伝子解析を、本日2018年4月27日から、以下のように変更します。

  • 対象患者:先天性QT延長症候群またはその疑いが濃厚な発端者(その他の遺伝性不整脈や他疾患の遺伝子解析はこれまで通り無料です)
  • 検査方法:QT延長症候群関連遺伝子(現在知られている16個の原因遺伝子を含む不整脈関連遺伝子)の全エクソンの塩基配列異常を、次世代シークエンサーと従来のキャピラリーシークエンサーを組み合わせて解析します。
  • 検査費用:発端者1例 81,950円(税別。変異が同定されてもされなくても検査費用はかかります。QT延長症候群の遺伝子解析は保険償還されます。

詳細は不整脈の遺伝子解析関するお知らせのページの課題1をご覧ください。

秘書の松尾ユミさんが退職され、小森陽子さんが後任となりました。

秘書の松尾ユミさんが退職され、小森陽子さんが後任となりました。

遺伝性致死性不整脈におけるSCN1B遺伝子変異に関する国際共同研究がHeart Rhythm誌に採択されました。

Lack of genotype-phenotype correlation in Brugada syndrome and sudden arrhythmic death syndrome families with reported pathogenic SCN1B variants.
Belinda Gray, Can Hasdem, Jodie Ingles, Takeshi Aiba, Naomasa Makita, Vincent Probst, Arthur A.M.Wilde, Ruth Newbury-Ecob, Mary N Sheppard, Christopher Semsarian, Raymond W. Sy, Elijah R. Behr
Heart Rhythm 2018 (in press)

木本浩貴さん・松尾ユミさんと小森陽子さんの歓送迎会を行いました

心不全と心臓刺激伝導に関わるM21タンパクの共著論文がAm J Physiol Heart Circ Physiol誌に採択されました。

Overexpression of heart-specific small subunit of myosin light chain phosphatase results in heart failure and conduction disturbance. Takuro Arimura, Antoine MUCHIR, Masayoshi Kuwahara, Sachio Morimoto, Taisuke ISHIKAWA, Cheng-Kun Du, Dong-Yun Zhan, Shu NAKAO, Noboru MACHIDA, Ryo TANAKA, Yoshihisa YAMANE, Takeharu HAYASHI, and Akinori Kimura Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2018. In press

久留米大学生理学鷹野教授との共同研究論文が J. Physiol.に採択されました。

HCN4 pacemaker channels attenuate the parasympathetic response and stabilize the spontaneous firing of sinoatrial node.
Yuko Kozasa, Noriyuki Nakashima, Masayuki Ito, Taisuke Ishikawa, Hiroki Kimoto, Kazuo Ushijima, Naomasa Makita, Makoto Takano. J. Physiol. 2018 596(5):809-825 (pdf)

2017年の忘年会を行いました


分子生理学教室員と神経機能学教室の土居裕和先生、樽見航先生

石川先生が、平成29年度宮田心臓病研究振興基金奨励金を受賞しました。

Page 1 of 7123...Last »