Nagasaki U Link
Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences 長崎大学学院医歯薬学総合研究科
 

お知らせ

蒔田教授の共著論文がNature Geneticsに掲載

国内4施設・欧米14施設との国際共同研究によって、突然死をきたす遺伝性不整脈「ブルガダ症候群」の原因遺伝子を解明し、2013年7月22日、Nature Genetics電子版に掲載されました。

Common variants at SCN5A-SCN10A and HEY2 are associated with Brugada syndrome, a rare disease with high risk of sudden cardiac death, Nature Genetics 45, 1044-1049, 2013(pdf)

 

Optical Mapping of Hey2
(Nature Genetics 45, 1044-1049, 2013)

 Optical Mapping

Print Friendly
 
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.