Nagasaki U Link
Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences 長崎大学学院医歯薬学総合研究科
 

お知らせ

広島大学中野先生との共同研究論文が Circulation: Genomic and Precision Medicine に採択されました

HCN4 Gene polymorphisms are Associated with Occurrence of Tachycardia Induced Cardiomyopathy in Patients with Atrial Fibrillation

Yukiko Nakano, Hidenori Ochi, Akinori Sairaku, Yuko Onohara, Takehito Tokuyama, Chikaaki Motoda, Hiroya Matsumura, Shunsuke Tomomori, Michitaka Amioka, Naoya Hironobe, Yousaku Ohkubo, Shou Okamura, Naomasa Makita, Yukihiko Yoshida, Kazuaki Chayama, and Yasuki KiharaCirc Genom Precis Med 2018, in press

先天性QT延長症候群の遺伝子解析の方法と費用を改訂します

2018年4月の診療報酬見直しと、2018年度に発表される予定の「遺伝性不整脈の診療に関するガイドライン(2017年改訂版)」に合わせて、先天性QT延長症候群の遺伝子解析を、本日2018年4月27日から、以下のように変更します。

  • 対象患者:先天性QT延長症候群またはその疑いが濃厚な発端者(その他の遺伝性不整脈や他疾患の遺伝子解析はこれまで通り無料です)
  • 検査方法:QT延長症候群関連遺伝子(現在知られている16個の原因遺伝子を含む不整脈関連遺伝子)の全エクソンの塩基配列異常を、次世代シークエンサーと従来のキャピラリーシークエンサーを組み合わせて解析します。
  • 検査費用:発端者1例 81,950円(税別。変異が同定されてもされなくても検査費用はかかります。QT延長症候群の遺伝子解析は保険償還されます。

詳細は不整脈の遺伝子解析関するお知らせのページの課題1をご覧ください。

秘書の松尾ユミさんが退職され、小森陽子さんが後任となりました。

秘書の松尾ユミさんが退職され、小森陽子さんが後任となりました。

遺伝性致死性不整脈におけるSCN1B遺伝子変異に関する国際共同研究がHeart Rhythm誌に採択されました。

Lack of genotype-phenotype correlation in Brugada syndrome and sudden arrhythmic death syndrome families with reported pathogenic SCN1B variants.
Belinda Gray, Can Hasdem, Jodie Ingles, Takeshi Aiba, Naomasa Makita, Vincent Probst, Arthur A.M.Wilde, Ruth Newbury-Ecob, Mary N Sheppard, Christopher Semsarian, Raymond W. Sy, Elijah R. Behr
Heart Rhythm 2018 (in press)

木本浩貴さん・松尾ユミさんと小森陽子さんの歓送迎会を行いました

Page 1 of 13123...Last »