Nagasaki U Link
Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences 長崎大学学院医歯薬学総合研究科
 

内 臓 機 能・体 液 系 I

コース説明

 1)   授業のねらい・方法・到達目標

正常の生命現象を主として機能的な側面から探求することによって、「命がどうできているか」という医学の基礎知識を学ぶ。臨床の場においても、生体の生理現象や病的状態を個体・臓器・細胞・遺伝子という異なるレベルで観察・考察し、知識を臨床に応用させることの重要性を体験する。個々の内臓機能を学ぶ臓器の生理学を基礎に、恒常性維持のための統合的調節機構の観点から生体機能を理解できるよう講義を行う。

2) 講義項目

1) 細胞生理学
2) 自律神経系
3) 循環器
4) 消化器
5) 呼吸器  
6) 腎・排泄
7) 酸塩基平衡
8) 血液・体液
9) 内分泌・代謝
10) 体温調節

講義は指定した教科書の図を中心にパワーポイントで説明を交えて行う。講義用スライド・資料は各自以下のHPからダウンロードすること。基本的に、紙の資料は配布しない。

分子生理学HP:  http://cvmp.med.nagasaki-u.ac.jp
長崎大学LACS:  https://lacs.nagasaki-u.ac.jp/

3) 教科書、参考書等

標準生理学 第8版
福田康一郎他
ガイトン生理学 原著第11版
御手洗玄洋他
ギャノング生理学 25版
岡田泰伸他
ボロン・ブールペープ生理学
泉井亮他
人体の正常構造と機能 第2版
坂井 建雄 他
図解心電図テキスト 原著第6版
Dale Dubin 村川裕二訳

 

4) 成績評価の方法・基準

試験は前半に1回(細胞生理、自律、循環器、消化器、呼吸:講義数23)、期末に1回(腎・排泄、酸塩基平衡、血液・体液、内分泌・代謝、体温調節:講義数23)を行う。前半および期末試験は講義のコマ数に準じた出題範囲と配点にする(従来のように分子生理・原研医療で分けた試験は行わない。また前半の試験はいわゆる「小テスト」ではない)。再試験は行わない。2回の試験の結果と出席で最終成績を評価する。

旧カリキュラム(内臓機能体液系IまたはII)の再履修者は、旧カリキュラムでの履修済の範囲に関係なく、新カリキュラム内臓機能体液系Iの両試験を受験する

試験の受験資格、追試験に関しては医学部規定の通り。

1. 前半定期試験:2017年11月25日 10:00-12:00 第4講堂

2. 期末試験:2018年 2月15日 10:00-12:00 第2講堂

 

5) 教員名
講義担当

分子生理学:
蒔田直昌・辻 幸臣・石川泰輔
原研医療:
山下俊一・光武範吏
循環器内科:
前村浩二
非常勤講師:
上田陽一(産業医大)・松本逸郎(活水女子大学)・児島将康(久留米大)

 

6) アクティブラーニング
加味する

Print Friendly